こんにちはヽ(^0^)ノ
かけっこ塾.COMヘッドコーチの元吉です(`・∀・´)

 

今年もやってきました、毎年大人気イベント【春の短期かけっこ教室】の開催が決定しました(`・∀・)ノイェ-イ!

今回の春の短期かけっこ教室は、元吉ヘッドコーチクラスは定員5名、高橋コーチクラスと青山コーチクラスは定員7名での完全少人数制の短期教室を行います( -`ω-)b

 

また今回は、春の短期かけっこ教室では初の開催場所が3ヶ所での開催となります( °o°)!

元吉ヘッドコーチクラスは渋谷区の「代々木公園」

高橋コーチクラスは江東区の「木場公園」

青山コーチクラスは杉並区の「済美山運動場(和田堀公園第二競技場)」

 

 

レッスン内容は、正しい走り方の基礎はもちろん、かけっこ塾.COM独自のカリキュラムに基づき、お子様を理想の走り方へと近づけるレッスンを展開致します。

春の運動会に向けて早めに練習し今年こそはリレーの選手になりたい!徒競走でいい順位をとりたい!というお子様は是非ご参加ください*¥(^o^)/*


【かけっこ塾.COM 春の短期かけっこ教室】
■日程

《1次日程》

2019年3月26日(火)、27日(水)、28日(木)、29日(金)

 

《2次日程》

2019年4月2日(火)、3日(水)、4日(木)、5日(金)

 

■時間

・9:00・10:30・12:00・13:30

※各60分レッスン

 

■開催場所

・元吉ヘッドコーチクラス:代々木公園(陸上競技場前の広場もしくは陸上競技場)

(東京メトロ副都心線「明治神宮前」・JR山手線「原宿駅」から徒歩約10分・東京メトロ千代田線「代々木公園駅」から徒歩約7分)

https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/map039.html

 

 

・高橋コーチクラス:木場公園(多目的広場)

(東京メトロ東西線「木場駅」から徒歩約10分・都営大江戸線「清澄白河駅」から

徒歩約15分)

https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/map020.html

 

 

・青山コーチクラス:済美山運動場(和田堀公園第二競技場)

(京王井の頭線「永福町駅」北口から徒歩約15分・東京メトロ丸ノ内線「方南町駅」西改札・1番出口(環七通り方面)から徒歩約12分

https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/map095.html

 

■対象

・小学生

■定員

・元吉ヘッドコーチクラス/1クラス:5名

・高橋コーチクラス/1クラス:7名

・青山コーチクラス/1クラス:7名

 

■レッスン費

・元吉ヘッドコーチクラス/12,960円(税込)

・高橋コーチクラス/10,800円(税込)

・青山コーチクラス/10,800円(税込)

 

★ホームページ:http://kakekkojyuku.com/haru2019_tanki/

 

★お申込み/お問合せ★
TEL:0452900550
(お電話受付時間:平日9:0017:00
メール:sports@aqua-1.com

【ご記入頂きたい内容】
件名:春の短期教室申込
本文:受講者様のお名前/電話番号/参加希望時間/参加希望クラス

■ご予約〆切

・1次日程:2019年3月14日(木)17:00まで

・2次日程:2019年3月20日(水)17:00まで

※定員に達した場合、早期に締め切らせて頂きますのでご了承くださいませ。

ご参加を心よりお待ちしております(*´∀`*)!

 

〈春の短期教室〉

こんにちは!!

かけっこ塾.COM専任コーチの青山です。

 

2月に入り、多くの小学校では「マラソン大会」や「持久走」が始まっています。

かけっこ塾.COMでも「マラソン大会」や「持久走」に向けたレッスンを行っており、

この時期になると、コーチ陣も一緒に楽しく走っております。

 

さて、今回の記事は、Vol.9 速く走るために必要な【筋トレ について書いていきます。

 

以前の記事(Vol.1【腹筋/プランクの仕方】)が好評でしたので、筋トレについてご紹介したいとお思います!!

 

今回ご紹介する筋トレは、下半身に効果的なジャンプトレーニングの【軸ジャンプ】【ボックスジャンプ】です。

 

まず始めに、【軸ジャンプ】についてご説明いたします。

 

軸ジャンプとは、連続ジャンプの一つで、ジャンプをする際に、空中で身体を一本の棒になるようジャンプを繰り返す動作です。

また、何か障害物・目標物(図1では、マーカーを配置)を置いて行うと良いでしょう!!

 

軸ジャンプのポイントは、4つあります。

|鰐未肪紊い申峇屬砲任るだけ短い時間で跳ぶこと

∀咾魏爾ら上に上げること(腕の回し方は、後ろ回し)

できるだけ膝を曲げないこと。(空中姿勢(図1.ぁ法

い任るだけつま先を下げないこと(空中姿勢(図1.ぁ法

 

1.軸ジャンプのやり方

 

 

次に、【ボックスジャンプ】についてご説明いたします。

 

ボックスジャンプとは、主に下半身の筋力をアップするトレーニングの一つで【おしり(臀部)】【太もも(大腿筋)】【ふくらはぎ】に効果的とされるトレーニング法です。

 

2のように、目標物に飛び乗るトレーニングで、まずは、低い段差から始めると良いでしょう!!

最終的に自分の身長の半分くらいの高さを飛び乗られるよう頑張りましょう!!

※くれぐれも注意して行ってください。

 

ボックスジャンプのポイントは、3つあります。

〜肝呂巴鰐未魏,垢海

足をできるだけ身体に引きつけること(図2.

D磴っ丙垢ら少しずつ高さをあげること

 

 

2.ボックスジャンプのやり方(高さ:120cm

 

上記のジャンプトレーニングをすることで、地面を強く押せるようになったり、ストライド(歩幅)を広げられたり、と速く走るための近道となっております。

 

是非、皆様もやってみてください!!

 

 

次回は、Vol.10【筋トレ◆についてです。

お楽しみに!!

 

<中高生向けレッスン>

 

 

 

こんにちは!

かけっこ塾.COM専任コーチの高橋です(^^)/

 

最近は晴れている日が多いですが、とても寒い日が続いていますね…

そんな寒い日でも生徒の皆さんは負けず元気に走っています!

生徒の皆さんとレッスンをしているときに、良いお手本を見せられるようにコーチ達も練習をしています。

 

私は先日、陸上競技場で「コントロールテスト」を行いました!

 

「コントロールテスト」とは、様々な種目の記録を測り、現在の自分の状態を把握するための練習です。

 

今回は、現役時代に実際に行っていたのと同じ種目の計測を行いました。

 

↓実施種目はコチラ↓

・50m

・立ち幅跳び

・立ち5段跳び

・メディシンボール投げ(両手前投げ)

・メディシンボール投げ(両手後ろ投げ)

・メディシンボール投げ(利き手投げ)

 

本当は100mや300mも走ろうと思っていましたが、

予想以上に体力を使ってしまったため行いませんでした(^-^;(笑)

 

ボール投げや立ち幅跳び、立ち5段跳びは予想通り記録がかなり落ちていました(;_:)

体幹周りや下半身の筋力が弱くなり、瞬発力が落ちてしまったようです。

 

最後の種目は50mです...

ここまで全種目ふがいない結果となってしまいましたが、

50mは元短距離選手として力の見せ所ですので、ここ一番の集中力で臨みました

 

そのタイムは…【5.94秒!!】

手動だったので少し誤差はあるかと思いますが、

ギリギリ5秒台が出て安心しました(^^♪(笑)

 

やはり、練習ができていないと記録が下がってしまうということを改めて実感しました…

生徒の皆さんにかけっこを教えている身として、

私も日々自己ベストを更新できるように、成長していきたいと思います。

 

【継続は力なり】ですね♪

 

次はもう少し暖かくなったときに「コントロールテスト」をしてみたいと思います!

それまでは、ジャンプの練習など瞬発力を高める練習は生徒の皆さんと一緒に練習していきます!

 

かけっこ塾.COM TEAMクラスの紹介はコチラ!!

こんにちは(^-^)

かけっこ塾.COMヘッドコーチの元吉です(ノ^∀^)

 

今回は、生徒&保護者様から頂いた嬉しいお言葉エピソードの紹介をさせていただきます(^-^)

 

 

小学4年生11月からかけっこ塾に通い始めた生徒で、毎年の運動会の結果が思わしくなく、何とかしたいとお問い合わせ頂きました。

 

背は高かったのですが運動系の習い事をしておらず、体育も苦手な方ということでした。体験の時に感じたのが、単純に筋力がなく、動きが硬く、頭で理解できているが、体で表現できていない状態でした。

 

いわゆる脳と体がつながってない感じだったのを覚えています。

 

来年の運動会に向けてレッスンを開始しました。

入会当初は50m走が9.32秒」100m走が19.83秒」でした。

 

レッスンも振替等うまく利用しほぼ毎週しっかり通われていました。

レッスン中もしっかりと話を聞き真面目に取り組んでいました。

できない動きなども反復練習していくうちにできるようになり、段々と初めての動きや初めて注意されたことなども23回やるとできるようになってきましたΣ(゚д゚;)

 

そして、1年後のスポーツテストで50m走8.10秒」100m走16.76秒」になりました。

この年の運動会でリレーの選手にはなれませんでしたが補欠に選ばれるまでになりました(`・д・ノノ゙☆パチパチ!

徒競走でも1位をとることができ、1年前までにはかすりもしなかったリレーの選手に後わずかまで来たことに、本人はもちろんでしたがお母様が大変喜んでご報告してくださったことを覚えています(*´∀`*)

 

そこから、本人の目標のレベルも上がりリレーの選手になるんだという気持ちが強くなりより一層、真剣にレッスンに取り組んでいました。

 

そして、2年後の小学生最後の運動会のリレーの選考が終わったあとのレッスン前にお母様が涙ながらに「リレーの選手に選ばれました!」とのご報告を受け、私も泣きそうになるのを堪えながら「おめでとうおございます」とお話したことを鮮明に覚えています!

お子様本人も本当に嬉しかったようで満面の笑みでいたことは私の脳裏に今もまだ残っています!

 

この時のスポーツテストでは50m走7.68秒」100m走15.98秒」という結果でした(`・д・ノノ゙☆パチパチ!

 

その後、中学生入るギリギリの3月までレッスンを続け、最後の3月のスポーツテストでは50m走7.45秒」10015.37秒」という自己新記録を出しました(ノ^∀^)ノ☆パチパチパチ!

 

この2年間とちょっと頑張ってきた結果がしっかりとタイムに出て生徒本人も喜んでいましたが、私も本当に嬉しかったです(*´∀`*)

 

 

最後に、一番ビックリして嬉しかったのは「中学生になったら陸上部に入るんだ」と言ってくれたことですΣ(゚д゚;)

 

私は、陸上選手を育成しようと思っているのではなく、私のレッスンを受けて運動・スポーツに興味を持ってくれるようレッスンをしています。

ですので、全く運動に接点がなかった子がスポーツに興味を持ってくれたこと、そしてそれが直接レッスンしていた陸上競技につながったことが、本当に嬉しかったです!(((o(*゚▽゚*)o)))

 

 

今も陸上で頑張っているとのことですので。これからも頑張っていって欲しいと思っています(p`・ω・´q)

 

 

指導に対する想いはこちらでご紹介しております。

是非読んで頂ければ幸いですm(_ _)m

<コーチ紹介ページ>

こんにちは!!

かけっこ塾.COM専任コーチの青山です。

 

先日、お休みの日に箱根の「天成園」という温泉に行ってきました!!

久しぶりに温泉に浸かり、心身共にリフレッシュしました!!

 

その時の写真です。

是非、皆様も行ってみてください

 

さて、今回の記事は、Vol.8 速く走るために必要な【タイミング】について書いていきます。

 

皆様は、走っている時にタイミングを意識したことはありますか?

ほとんどの方は、意識したことがないと思います。

 

速く走るために、【腕振り】【足の接地】タイミングが、とても重要になってきます。

 

タイミングとは、地面の接地時に腕や足が地面に対し垂直(図2.,鉢ァ砲砲覆襪海箸鮖悗靴泙后

 

タイミングが崩れてしまうと足が後ろに流れたり姿勢が猫背になったりしてしまいます。

 

また、タイミングが合うと地面をしっかり押すこと(図3.△鉢)ができ、ストライド(歩幅)が大きくなります。

 

走る時のタイミングを意識することで、左右の腕と左右の足が正しく連動し、効率良くかつ力を正しく地面に加えられるようになります。

 

1.走りの流れ

2.接地の姿勢(タイミング)

 

3.地面を押す動作

 

【タイミングの練習法】

スキップ

⇒腕と足のリズムを意識してスキップをする。

 

バウンディングVol.7 参照)

⇒地面の接地や地面を押すことを意識してバウンディングをする。

 

是非、タイミングを意識して走ってみてください!!

 

次回は、Vol.9 【筋トレ についてです。

お楽しみに!!

こんにちは!

かけっこ塾.com専任コーチの高橋です。

 

今回は、昨年末に開催いたしました【冬の短期かけっこ教室】のご報告です。

 

今回の短期教室に参加された生徒の中には、

「速く走る方法が分からない」

「がむしゃらに走っている」

「走るのが遅くて苦手」

など、様々なお悩みをお持ちの方がいらっしゃいました。

 

事前に伺った内容をもとに、

「基本のフォーム作り・得意を伸ばす・苦手へのチャレンジ」

をテーマにレッスンを実施しました。

 

「基本のフォーム作り」の練習をするときに、多くの生徒ができていなかったポイントは腕振りでした。

腕振りや歩幅も小さく、ちょこちょこ走っている生徒も3つのポイントを意識して練習したことで、フォームがとてもきれいになりました!

 

そのポイントとは次の3つです。

・肩甲骨から振ること。

・前後にまっすぐ振ること。

・脚とリズムを合わせること。

 

走ることに苦手意識がある生徒や、全力を出せていない生徒は走る時の動きが全体的に小さい傾向があります。そのため腕振りは肩甲骨から大きく振り、体を大きく使うことで、力強い走りができるようになります!

 

反対に、がむしゃらに走っているという生徒は、腕を振る時に上半身がぶれてしまい、力の無駄使いをしてしまっていることが多いです。力を無駄なくスピードに変えるためには、大きく前後にまっすぐ振ることを忘れずに、脚とリズムを合わせることが大切なのです!

 

今回の冬の短期かけっこ教室では、冷たい風が強く吹く日がありましたが、皆さま体調を崩すことなく最後まで元気に参加してくれました!(^^)! 

 

この4日間で学んだ内容を一つでも多く覚えてもらえると嬉しいです!

 

その他のレッスンエピソードは、後日書かせていただきます(^^♪

 

次回の短期かけっこ教室春休みを予定しております!

詳細が決まり次第、お知らせいたしますので、お楽しみに!

 

 

指導に対する想いはこちらでご紹介しております。

是非読んで頂ければ幸いですm(_ _)m

<コーチ紹介ページ>

こんにちは(^-^)

かけっこ塾.comヘッドコーチの元吉です(ノ^∀^)

 

自己紹介の続きです(^-^)

今回でラストです!

 

【生い立ち】

〜社会人編〜

 

大学卒業後、すぐに今の会社に入社というわけではありませんでした(´・ω・`)

 

前のブログでも書いたように中学校の保健体育の教員になりたかったので、大学4年生の時に教員採用試験を受けたのですが、残念ながら採用されませんでした(´;ω;`)

 

教員になることは諦めたくなかったので就職せずに、採用試験の勉強を頑張ることにしました(`・∀・´)

 

大学4年生の時からアルバイトとしてやっていた弊社「体育の家庭教師のアクア」は子どもと接することができ、指導の経験もできて、採用試験の勉強の時間も確保できていたのでそのまま続けていました!

 

その後、採用試験を2回受けたのですが採用されませんでした(;▽;)

非常勤講師の話もあったのですが、中学の保健体育ではなかったり、331日に4月からお願いされたり、産休の間ということで期間が短かったりだったので非常勤講師はやりませんでした。

 

アクアでの当初のレッスンは体育全般を受け持っていましたので、水泳の依頼や、マットや鉄棒などの学校体育種目から、野球、サッカーなどの専門種目まで行っていました!

「運動神経を良くしてください!」といったものや「自転車に乗れるようにしてください!」などの依頼もありました!

 

もちろん「運動会の徒競走でいい結果を出したい!」「リレーの選手になりたい!」なども多くありました!

 

 

2年間レッスンをしていくうちに多くのお客様の担当となり、やりがいや楽しさが芽生えて来た時に代表の小倉から、「社員として一緒に会社を盛り上げないか」とお誘いがあり、教員とは違った角度からのアプローチができる指導、決まった指導案での指導ではなく子ども一人一人に合った自由な指導ができるアクアに就職することを決意しました(≧ο≦)(≧V≦)

 

その後、体育の家庭教師アクアからかけっこ事業部が立ち上がり、「かけっこ塾.com」ができ、前人の指導者に変わり現場での責任者となり,

今日に至ります(^-^)

 

 

だいぶ長々と生い立ちについて書いてきましたが次回からはレッスンエピソードや生徒や保護者様に頂いた嬉しいお言葉エピソードを書いていきたいと思いますo(^^)o

 

 

指導に対する想いはこちらでご紹介しております。

是非読んで頂ければ幸いですm(_ _)m

<コーチ紹介ページ>

 

かけっこ塾.com専任コーチの青山です。

 

1月も下旬になりましたが、皆様はどうお過ごしですか?

 

さて、今回の記事は、Vol.7 速く走るために必要な【バウンディング】について書いていきます。

 

【バウンディング】とは、

歩幅を広げるトレーニングの1つで、左右脚を交互に接地し、跳び跳ねながら移動していくトレーニングです。

初めての方は、大股ジャンプをしていくのがお勧めです。

 

バウンディングのポイントは、

・一歩一歩交互に脚を出すこと

・スキップにならないこと

・膝を前に出すこと

・できるだけ大きく跳び跳ねながら移動していくこと

 

図:バウンディング(左脚 接地)

図:バウンディング(右脚 接地)

 

バウンディングを上手くできるようになったら、徐々に走りにすることを意識してみましょう!!

そうすることで、足の歩幅が広がります。

是非、バウンディングを試してみてください!!

 

次回は、Vol.8 【タイミング】についてです。

お楽しみに!!

 

こんにちは!

かけっこ塾.com専任コーチの高橋です。

 

まだまだ寒い日が続いていますが、夕方のレッスンをしていると、段々と日が延びてきたなあと感じます。

 

さて今回は、昨年末にあったレッスンエピソードです!

今回一緒にレッスンをしたのは、小学校2年生の男の子です。

走ることに苦手意識を持っているということで、少しでも苦手意識を解消したいということがテーマでした(>_<)

 

レッスンを開始して、まず初めに50mの計測を行いました。

タイムは11.1秒で、男の子も「やっぱり遅い〜」と残念がっていました。

 

しかし、その走り方は落ち込むようなものではなく、まだまだ速くなる可能性を感じました!

 

まず、取り組んだ練習は【姿勢】です!

その男の子は頑張って走っていたのですが、横を見ながら走っていたり、下を向いてしまったりと、フラフラした走りでした。

 

フラフラしているとまっすぐ最短距離で走ることもできず、力もうまく伝わりません。

そのため、まっすぐ前を見ることや姿勢よく走ることを練習しました。

 

次に【全力を出す】練習です!

その男の子は、普段から思い切り全力を出すという機会は少ないということでしたので、なかなか50m走でもスピードが上がらなかったのです。

 

全力を出せていないという子は、スタートダッシュの素早さや、ゴールまで駆け抜けるといったスピードを上げる練習をすることで、自然と速い動きが身についてきます。

それらの練習は、10m競走であったり、10秒間脚を速く動かすなど、短い距離・時間でも構いません。まずは【全力とは何か】が分かってもらえれば変わるはずです!

 

そしてこれらの練習を重ね、3回目のレッスンでもう一度50m走にチャレンジしました。

スタートダッシュから勢いよく走りだし、ゴールまで駆け抜けることができました!

そのタイムは...「10.0秒!!」

 

なんと1秒も縮まり、9秒台も目の前まで迫ってきました!

その男の子からも「走るのが上手になってきた!」という声を聞くことができ、苦手意識も無くなってきたかなと思います(^^♪

 

たくさんのレッスンをしていて、一番嬉しいときは、「苦手じゃなくなった時」や「何かができるようになった時」の嬉しそうな顔を見るときですね!(^^)!

 

これからも1人でも多くの笑顔を見られるように頑張っていきたいと思います!

かけっこ塾.com専任コーチの青山です。

 

早いもので1月も中旬ですね!!

先日、テレビでインフルエンザの患者数が約160万人というニュースがやっていました。

今年はインフルエンザが昨年よりも流行っておりますので、皆様気をつけてください!!

 

さて、今回の記事は、Vol.6 速く走るために必要な【前傾姿勢】 について書いていきます。

 

速く走るためには、姿 勢 がとても重要です。

 

その中でもスタートから7歩目(1015m)までがポイントです。

 

スタートから身体を前に傾けることで、前に推進力が生まれます。

 

 

.前傾姿勢のポイント

 

【前傾姿勢のポイント】

・「よーい」の姿勢で前傾姿勢をつくること

・スタートから7歩目までに身体を少しずつ起こすこと

・スタートから7歩目までの目線は前ではなく、少し先を見ること

 

以上のポイントを意識してみてください。

 

次回は、Vol.7 【バウンディング】についてです。

お楽しみに!!