こんにちは!

かけっこ塾.com専任コーチの高橋です。

 

まだまだ寒い日が続いていますが、夕方のレッスンをしていると、段々と日が延びてきたなあと感じます。

 

さて今回は、昨年末にあったレッスンエピソードです!

今回一緒にレッスンをしたのは、小学校2年生の男の子です。

走ることに苦手意識を持っているということで、少しでも苦手意識を解消したいということがテーマでした(>_<)

 

レッスンを開始して、まず初めに50mの計測を行いました。

タイムは11.1秒で、男の子も「やっぱり遅い〜」と残念がっていました。

 

しかし、その走り方は落ち込むようなものではなく、まだまだ速くなる可能性を感じました!

 

まず、取り組んだ練習は【姿勢】です!

その男の子は頑張って走っていたのですが、横を見ながら走っていたり、下を向いてしまったりと、フラフラした走りでした。

 

フラフラしているとまっすぐ最短距離で走ることもできず、力もうまく伝わりません。

そのため、まっすぐ前を見ることや姿勢よく走ることを練習しました。

 

次に【全力を出す】練習です!

その男の子は、普段から思い切り全力を出すという機会は少ないということでしたので、なかなか50m走でもスピードが上がらなかったのです。

 

全力を出せていないという子は、スタートダッシュの素早さや、ゴールまで駆け抜けるといったスピードを上げる練習をすることで、自然と速い動きが身についてきます。

それらの練習は、10m競走であったり、10秒間脚を速く動かすなど、短い距離・時間でも構いません。まずは【全力とは何か】が分かってもらえれば変わるはずです!

 

そしてこれらの練習を重ね、3回目のレッスンでもう一度50m走にチャレンジしました。

スタートダッシュから勢いよく走りだし、ゴールまで駆け抜けることができました!

そのタイムは...「10.0秒!!」

 

なんと1秒も縮まり、9秒台も目の前まで迫ってきました!

その男の子からも「走るのが上手になってきた!」という声を聞くことができ、苦手意識も無くなってきたかなと思います(^^♪

 

たくさんのレッスンをしていて、一番嬉しいときは、「苦手じゃなくなった時」や「何かができるようになった時」の嬉しそうな顔を見るときですね!(^^)!

 

これからも1人でも多くの笑顔を見られるように頑張っていきたいと思います!

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL