こんにちは(^-^)

かけっこ塾.comヘッドコーチの元吉です(ノ^∀^)ノ

 

自己紹介の続きです(^-^)

 

【生い立ち】

〜高校生編〜

高校生では野球にしぼり高校球児として青春してました(*´∀`*)

 

中学校時代に培った体力と練習に耐える根性が役に立ち高校の練習で辛かった思い出はありません( ・∀・)!!

 

辛かったのは上下関係と理不尽な先輩命令だけでした(;・∀・)

 

高校生になって感じたのが「井の中の蛙」だったなと思いました(・∀・)カエル!!

 

高校1年生の体育祭で100m競争があったのですが、走ることに関して小学校・中学校・野球のクラブチームでずっと1位をとっていたのですが、同じ組みで走った隣の生徒にちぎられて2位になってしまいました(;▽;)

 

その後知ったのですがその生徒は陸上部で100mのベストが10秒台とのことでそりゃ勝てないなと思い知らされ、高校生ぐらいになると、どんな競技でも専門で上のレベルでやっている人には勝てないと実感させられました_| ̄|○

 

野球では1年生の時はベンチに入れませんでしたが2年生の時にベンチ入りし3年生時はレギュラーで県大会準優勝しました(^-^)

あと一歩で甲子園に出場できたのでメチャクチャ悔しかったです(T-T )( T-T)チクショウ…

 

高校では将来のことも考えていました。ずっとプロ野球の選手になりたいと思っていましたが、甲子園に出れなかったこと、身体的な不利な部分(身長が低いこと)も考え断念し、指導の道えと進もうと決断しました(`・ω・´)!

 

保健体育の先生にもなりたいとも思っていたので高校入学の時に野球が強く、大学に体育学部がある付属高校(大学入試がないので)を選んだのですが、みんな希望通りの学部に入れるわけでもないと知り、高校では部活も頑張りながら勉強の方も頑張った結果、体育学部に入学することができました⊂( ˆoˆ )⊃!

 

 

今回記事を書きながら振り返ってみるプレイヤーからコーチという考え方に変わってきたのだなーと思います(^-^)

 

大学でも野球をすることもできたのですが燃え尽き症候群になってしまったらしく大学では野球をしないけどなにかの部活には入りたいと思っていたのですが特にこれといって決めずに大学に入学しました。

 

次回は大学編を書きたいと思いますo(^▽^)o

 

指導に対する想いはこちらでご紹介しております。

是非読んで頂ければ幸いですm(_ _)m

<コーチ紹介ページ>

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL