こんにちは!

かけっこ塾の高橋です。

 

だんだんと気温が暖かくなり、体を動かすのに心地よい時期になってきています。

生徒の中には花粉症の症状が出始めている子たちもいます(-_-;)

 

私自身は花粉症ではないので、大変さを共感できませんが、

生徒たちには無理はせずに一緒に走っていけたらと思います!

 

 

さて、春の短期かけっこ・陸上競技教室の早割キャンペーンは、

明日219日(水)1700まで】と締め切りが迫っています!!

 

かけっこクラスは定員5名様までの少人数制のクラスとなっており、

すでに5名様以上のお申込みをいただいているクラスも出てきています!

 

例年、キャンセル待ちが出る人気のクラスですので、

 

「速く走れるようになりたい!」

「運動に苦手を克服したい!」

「リレーの選手になりたい!」などなど、

 

一つでも当てはまるという方は、ぜひぜひお問い合わせ下さい!

 

陸上競技クラスは速く走る練習だけでなく、実際に陸上競技の様々な種目に

チャレンジできる体験型教室です!

 

「もっと速く走れるような練習をしたい!」

「陸上競技にチャレンジしてみたい!」

「学校の陸上部の練習に活かしたい!」などなど、

 

陸上競技クラスは陸上競技経験者のインストラクターが担当しますので、

陸上競技初心者の方も経験者の方も自分の可能性にチャレンジしてみてださい!

 

 

また、短期教室の2次日程の開催日程に変更がありましたので、

下記日程をご覧ください。

 

■日程 ※両クラス共通 

【変更前】

1次日程:2020324()25()26()27()

2次日程:2020330()31()41()2()

 ↓

【変更後】

2次日程:2020329()30()31()41()

 

 

■場所 ※両クラス共通

代々木公園陸上競技場(織田フィールド)

 

■時間

かけっこクラス9001000 10301130 (60分レッスン)

担当:元吉・高橋・インストラクター

陸上競技クラス9001020 10301150 (80分レッスン)

担当:青山

 

■対象者・定員

かけっこクラス:小学生(幼児:要相談)・5名/1クラス

陸上競技クラス:小学生・中学生(高校生:要相談)・10名/1クラス

 

■レッスン費

現在、『早割キャンペーン』を実施中です!!!

2020219日(水)1700までにお申込みいただくと、

かけっこクラス16,500 → 15,000円(税込)

陸上競技クラス22,000 → 20,000円(税込)

となりますので、お早めにお申し込みください!

 

■申し込み締め切り

1次日程:2020312()1700まで

2次日程:2020318()1700まで

※定員になり次第、受付を締め切らせていただく場合もございますので、

ご了承くださいますようお願いいたします。

 

お申込み・お問い合わせはコチラ!

 

こんにちは(^O^)!

かけっこ塾.COMヘッドコーチの元吉ですm(_ _)m!

 

さて、今回は前々回、前回に続き長い距離を走ると起こる「腹痛」について3回目です(ノ・ω・)ノ!

 

走るとお腹が痛くなってしまう場所は「右脇腹」「左脇腹下」「お腹の上部」「下腹部」の4か所ありそれぞれの痛くなる原因と、痛くなった時の対処方法については書きました(^_^)/

 

今回はそもそも痛くならないようにすりにはどうしたらよいかの「予防方法」を紹介します(‘ω’)ノ

 

予防法といってもたくさんあり、試してみて効果がなかった場合は、別の予防法を試してみてください(^_^)/
 

普段から運動をする。走ることに慣れる。】

まずは「普段から運動」しましょう(^_^)/

 

「右脇腹」痛は横隔膜が原因ですので、「腹筋やインナーマッスル」を鍛えましょう(^_^)/
走ることに慣れてきたら、激しい動きによる痛みは、起こらなくなります。
体は順応するので、これが「当たり前」と思い強くなっていきます。

 

走ることに慣れてくると呼吸をすることが楽になっていきます。
走るときの呼吸法が勝手に身につくからです(@_@)!
(左足が着地するときに息を吸う、次に左足が着地するときに息を吐くという呼吸法など)
この呼吸法が身についていると、肝臓による横隔膜の引っ張りを軽減する効果があります(‘ω’)ノ

 

また運動を習慣化することで、自律神経が整えられ「便秘」の改善につながります。
お腹の中でのガス溜まりの解消につながり、「左脇腹の下」「下腹部」痛の予防になります(‘ω’)ノ

 

【ウォーミングアップは、「ゆっくり」「しっかり」】

「左脇腹下」「お腹の上部」の原因である「胃」「脾臓」による痛みは「急激な運動」によるものと考えられますので、ウォーミングアップゆっくり、しっかりとしましょう。
そして、スタートしてもいきなりトップギアに入れるのではなく、スタートはゆっくり、徐々にスピードを上げていくことでにより、痛みが起きなくなります。
スタートする前に「ペース配分」を考えることが予防となります。

 

【食事の計画を立てる】

「お腹の上部」「下腹部」の痛みを予防するには、運動前1〜2時間は大量の食事摂取控えることが重要です。
走る前には「消化の良いもの=果物」「腹八分程度」にし、「短くても1時間くらい」空けましょう。
 

これだけでも、だいぶ改善されます(^_-)!
 

さらに、「よく咀嚼する習慣(よく噛む)」をつけると、胃腸の負担を軽減する効果が期待できます(^_^)/

 

前回にも書きましたが、スタミナをつけなければと思い「肉や油」を食べるのはよくありません。肉や油は、消化までに10時間かかってしまいます(; ・`д・´)
また「芋類」「腸内ガス」が発生し易いため気をつけましょう。
「炭酸飲料」などの大量摂取は控え、便秘予防のため野菜、果物の摂取するのがよいと思います(‘ω’)ノ

 

3回に分けてやってきました長距離を走るときに起きてしまう「腹痛」でしたが、もし長距離を走る機会がありましたら、今回ご紹介した予防方法対処方法を試してみてください(^_-)-☆

 

 

 

かけっこ指導に対する想いはこちらをご覧ください!

 

お問い合わせはコチラ!

 

 

★☆★春の短期教室申し込み受付中★☆★

今回の春の短期教室は【かけっこ教室】【陸上競技クラス】の2クラスを開講します!

 

『早割キャンペーン』終了まで後5に迫っています!!

迷っているお方はお早めに!!

 

■日程 ※両クラス共通

1次日程:2020年3月24日(火)・25日(水)・26日(木)・27日(金)

2次日程:2020年3月30日(月)・31日(火)・4月1日(水)・2日(木)

■場所 ※両クラス共通

代々木公園陸上競技場(織田フィールド)

■時間

【かけっこクラス】:9:00〜10:00 10:30〜11:30 (60分レッスン)

担当:元吉・高橋・かけっこ塾.COM認定インストラクター

【陸上競技クラス】:9:00〜10:20 10:30〜11:50 (80分レッスン)

担当:青山

■対象者・定員

【かけっこクラス】:小学生(幼児:要相談)・5名/1クラス

【陸上競技クラス】:小学生・中学生(高校生:要相談)・10名/1クラス

■レッスン費

【かけっこクラス】:16,500円(税込)

【陸上競技クラス】:22,000円(税込)

 ■申し込み締め切り

1次日程:2020年3月12日(木)17:00まで

2次日程:2020年3月18日(水)17:00まで

※定員になり次第、受付を締め切らせていただく場合もございますので、

 

ご了承くださいますようお願いいたします。

 

現在、『早割キャンペーン』を実施中です!!!

2020年2月19日(水)17:00までにお申込みいただくと、

【かけっこクラス】16,500 → 15,000円(税込)

【陸上競技クラス】22,000 → 20,000円(税込)

となりますので、お早めにお申し込みください!

 

お申込み・お問い合わせはコチラ!

こんにちは!

かけっこ塾の高橋です。


今回はレッスンエピソードのご紹介です!


冬の時期のイベントとして、マラソン大会がある学校も多いと思います。

私の担当クラスの生徒もマラソン大会に向けて冬の練習を続けて来ました!


マラソン大会の準備を始めたのは本番の約3か月前の秋の運動会が終わった頃からです。

まずは長い距離を走ることに慣れてもらうことから始めていきました。


生徒の子が走るマラソンの距離は

1500mくらいでしたので、

1500m 2000mの距離走]

10分間走]

などの練習で、走り切る体力をつけていきました。


練習を始めたときの目標としては、 

1500m630秒切り]を目標にしていましたが、7分を切るのもまだまだ難しいところでした(>_<)


初めの頃は5分間走でも、走り終わった頃にはヘトヘトになっていた子も、年が明けた頃にはマラソン大会と同じ距離の1500m6分中盤で走れるようになってきました!


そして迎えたマラソン大会本番ではなんと、[組で1位、タイム66秒]という素晴らしい結果でした!!


マラソンを通じて体力も自信もついたようで、とてもよく頑張ってくれたと思います(^^)


何事もそうですが、しっかりと練習・準備をして本番に臨むことが大切だと子供たちに教えています。


初めは出来なくて当然なので、目標に向けてどのように準備するかが大切です!

かけっこ塾ではすでに新学期・春の運動会に向けて、練習に取り組んでいます。

運動会で良い結果を出したい方は、ぜひお早めの準備をしてみて下さい!



こんにちは(^O^)!

かけっこ塾.COMヘッドコーチの元吉ですm(_ _)m!

 

 

さて、今回は前回の続き、長い距離を走ると起こる「腹痛」について2回目です(ノ・ω・)ノ!

 

走るとお腹が痛くなる場所の「右脇腹」「左脇腹下」については前回書きました。

今回は残り2つの場所の紹介です(^_^)/

 

 

3ヵ所目は「お腹の上部」です!

 

お腹の上部、みぞおちあたりの痛みは「胃」が原因です(*_*;
お腹に圧がかかったり、胃に行くはずの血液の循環が悪くなることで胃痛が起こります(‘ω’)ノ

 

ご飯を食べた後は、胃の働きを良くするために、胃に血液がたくさん送られます。

そんなときに走ると、筋肉を動かすために血液が使われ、胃や腸に流れる分が少なくなり、

血液が足りなくなった胃に痛みが出ます(;´・ω・)

 

要するに、食後時間を空けずにすぐ走ったりすると血液は筋肉に行きます。

そのため、消化器までまわらず消化不良となり、「胃が痛む」ということです((+_+))

 

《対処方法》

長距離を走るときは、食後2時間は空ける(‘ω’)!

※長距離に限らす食事の直後、急に運動するのはやめましょう(;´・ω・)!

 

また、長距離を走るとわかっているときは、消化しやすい食べ物を食べるようにしましょう(^_^)/
消化しやすい物は「果物」約30分前後

消化しにくいものが「肉や油」で、約10時間程度もかかると言われています。

 

 

では、走りながら、「胃」が痛くなった場合どうしたらよいかですが、
走りながら「深めの呼吸」を繰り返し、少しでも酸素を消化器系まで届けましょう(‘ω’)ノ

 

 

最後の場所は【下腹部】です!

 

下腹部が痛いときは「腸」が原因です(*_*;

 

特に、「S字結腸」と呼ばれる部分です(‘ω’)ノ

 

これは、運動不足の人に限らず、普段「ストレス」が溜まっている人や

「便秘」の人も痛くなることが多いです(;^_^A

 

腸は「自律神経の影響を受けやすい臓器」ですので、ストレス緊張感を強く感じる

お腹が痛くなることがあります(+_+)

 

それは、腸の働きが悪くなることでぜんどう運動弱くなり、

便秘やガスが溜まりやすくなり、老廃物が腸内にとどまってしまうからです(;´・ω・)

 

 日頃から運動ができて走っている人は、普段から腸の状態がいいので痛くはなりにくいですが、

普段あまり運動していない人が、運動をして急に「腸が活発」になり、痛くなってしまいます(+_+)

 

また、走ると全身が揺れ、腸の中にあったガスが腸のS字に曲がった部分(S字結腸)に集まります。

そして、神経を刺激するので痛みが出たりもします。

 

 

《対処方法》

下腹部のS字結腸が痛くなり、お腹の張りもあれば、ガスが溜まっている証拠です(*_*;
お腹をさすってみましょう(^_^)/
「上から下に」ガスが出るようにさするのがおすすめです(^_-)!
 

これでガスが排出されれば痛みは和らぎます。

この痛みは走れないほどの痛みであれば別ですが、きちんと対処できる痛みです(^_^)/

 

※ 注意※

走れないほど痛みがひどいときは、直ぐに走るのをやめましょう(+_+)!

運動を止めることで、消化器系の活動が再開します(; ・`д・´)!
休めば、腸の蠕動運動を始めるので痛みが治まるでしょう(^_^)/

 

今回はここまで(^_^)/

次回はお腹が痛くならないようにする予防方法を書きたいと思います(*’ω’*)!

 

お楽しみに(^.^)/~~~

 

 

かけっこ指導に対する想いはこちらをご覧ください!

 

お問い合わせはコチラ!

 

 

★☆★春の短期教室申し込み受付中★☆★

 

今回の春の短期教室は【かけっこ教室】【陸上競技クラス】の2クラスを開講します!

 

■日程 ※両クラス共通

1次日程:2020年3月24日(火)・25日(水)・26日(木)・27日(金)

2次日程:2020年3月30日(月)・31日(火)・4月1日(水)・2日(木)

■場所 ※両クラス共通

代々木公園陸上競技場(織田フィールド)

■時間

【かけっこクラス】:9:00〜10:00 10:30〜11:30 (60分レッスン)

担当:元吉・高橋・かけっこ塾.COM認定インストラクター

【陸上競技クラス】:9:00〜10:20 10:30〜11:50 (80分レッスン)

担当:青山

■対象者・定員

【かけっこクラス】:小学生(幼児:要相談)・5名/1クラス

【陸上競技クラス】:小学生・中学生(高校生:要相談)・10名/1クラス

■レッスン費

【かけっこクラス】:16,500円(税込)

【陸上競技クラス】:22,000円(税込)

 ■申し込み締め切り

1次日程:2020年3月12日(木)17:00まで

2次日程:2020年3月18日(水)17:00まで

※定員になり次第、受付を締め切らせていただく場合もございますので、

 

ご了承くださいますようお願いいたします。

 

現在、『早割キャンペーン』を実施中です!!!

2020年2月19日(水)17:00までにお申込みいただくと、

【かけっこクラス】16,500 → 15,000円(税込)

【陸上競技クラス】22,000 → 20,000円(税込)

となりますので、お早めにお申し込みください!

 

お申込み・お問い合わせはコチラ!

 

こんにちは!

かけっこ塾の高橋です。

 

昨日は節分ということで、恵方巻を食べたり、豆まきをした人も

多かったのではないでしょうか。

 

私は大学生だった時の節分の日は、陸上部の練習で「豆まき」の代わりに

「ダイナマックス」という3kgの重たいボールをひたすら投げていた思い出があります(^-^;

全力で投げあうのはとても楽しかったですが、終わるころには全身くたくたになっていました...(笑)

 

 

 

さて、本日は立春」、これから春が始まる日ということで、

春の短期教室のご案内をいたします!!

 

今回は【かけっこ教室】【陸上競技クラス】の2クラスを開講します(^^)/

 

【かけっこ教室】は1クラス5名様までの少人数制ですので、

走るのが苦手なお子様にもきめ細かく、丁寧に指導いたします!

「かけっこでビリになりたくない!」

「運動会でリレー選手になりたい!」という方におススメです!

 

○レッスンカリキュラム例

1日目:準備運動→計測→フォーム練習→ジャンプ練習→スタート練習

2日目:準備運動→フォーム練習→ジャンプ練習→スタート練習→計測

3日目:準備運動→フォーム練習→ジャンプ練習→カーブ練習→スタート練習→計測

4日目:準備運動→フォーム練習→スタート練習→計測→リレー

 

 

【陸上競技クラス】では、陸上競技のさまざまな種目を体験していただくことができます!

短距離走や長距離走、走り幅跳びや走り高跳び、ハードル走などなど、きっとあなたにハマる

種目があるはずです! 「もっと速く走れるようになりたい!」という方も、

「これから陸上競技を始めてみたい!」という方にもおススメのクラスです!

 

 

春の短期教室詳細

■日程 ※両クラス共通

1次日程:2020年3月24日(火)・25日(水)・26日(木)・27日(金)

2次日程:2020年3月30日(月)・31日(火)・4月1日(水)・2日(木)

 

■場所 ※両クラス共通

代々木公園陸上競技場(織田フィールド)

 

■時間

【かけっこクラス】:9:00〜10:00 10:30〜11:30 (60分レッスン)

担当:元吉・高橋・かけっこ塾.COM認定インストラクター

【陸上競技クラス】:9:00〜10:20 10:30〜11:50 (80分レッスン)

担当:青山

 

■対象者・定員

【かけっこクラス】:小学生(幼児:要相談)・5名/1クラス

【陸上競技クラス】:小学生・中学生(高校生:要相談)・10名/1クラス

 

■レッスン費

【かけっこクラス】:16,500円(税込)

【陸上競技クラス】:22,000円(税込)

 

■申し込み締め切り

1次日程:2020年3月12日(木)17:00まで

2次日程:2020年3月18日(水)17:00まで

※定員になり次第、受付を締め切らせていただく場合もございますので、

ご了承くださいますようお願いいたします。

 

現在、『早割キャンペーン』を実施中です!!!

2020年2月19日(水)17:00までにお申込みいただくと、

【かけっこクラス】16,500円 → 15,000円(税込)

【陸上競技クラス】22,000円 → 20,000円(税込)

となりますので、お早めにお申し込みください!

 

お申込み・お問い合わせはコチラ!

こんにちは(^O^)!

かけっこ塾.comヘッドコーチの元吉ですm(_ _)m!

 

一昨日、昨日は夕方でも気温が高くもう冬が終わって春になったのかと思うぐらいでしたが、

今日の朝はしっかり冬の寒さに戻ってましたね(*_*;

 

さて、今回は長い距離を走るとおこる「腹痛」についてです(ノ・ω・)ノ!

 

「走るとお腹が痛い」(>_<)!

 

みなさん経験があるかと思います(;´・ω・)

 

では、なんで走るとお腹が痛くなるのでしょうか(・・?

 

今回から走るとお腹が痛くなる原因対処方法予防方法を書いていきます(^_^)/

 

実は、走るとお腹が痛いと言っても痛くなる「場所」によって、「原因」は違ってくるのですΣ(・ω・ノ)ノ!

 

よって、対処方法予防方法も変わってきます(‘ω’)ノ

 

先ずは【右脇腹】です!

走っているときに、お腹の痛みが一番多いのがこの「右脇腹」です。

右の脇腹付近には「肝臓」があります。

肝臓の特徴として、肝臓の上面は「横隔膜」に接しています。

また、臓器の中で最も「重い」のが肝臓です。

 

肝臓は人間の体の中でも「一番大きな臓器」で、体重のおよそ「2〜3%」の重さがあります。成人男子で「1.2kg〜1.5kg」くらい、成人女性だと「1.0kg〜1.3kg」くらいです。

 

これが、走るたびに体の中で揺れて落ちようとするので、「横隔膜」に負担がかかります。

横隔膜は、「呼吸」を担っている大切な臓器です。

 

肝臓が、上下に揺れることで隣の横隔膜が引っ張られてしまうのです。

そのため、うまく呼吸ができなくなり、「痛み」を感じるようになります。

 

ですので、右脇腹の痛みのときは「横隔膜が引っ張られて、うまく呼吸できない」のが原因なのです(^_^)/

 

《対処方法》

走りながらで良いので、「右手を上げて」体の右側を伸ばしましょう

こうすることで横隔膜が伸び、正常な位置へ戻りやすくなります(^_^)/
ですが、あまり即効性は期待できませんので、ペースを落として様子をみるのが一番です(;^_^A

 

 

次に【左脇腹の下】です!

左脇腹の下の痛みは、「脾臓」が原因です。

この脾臓は「げんこつ」くらいの大きさで「左側の肋骨のすぐ下」にあります。

 

スポンジのような軟らかい脾臓はとても重要な臓器です。

働きとしては
古くなった赤血球の破壊や除去といった血液のろ過
感染と戦う白血球の生産
新しい血液を一時的にためておく

以上のような働きがあります!

 

走ることで必要となる場所(筋肉など)へ、急激血液送らなければならなくなり、

そのため、脾臓負担がかかり、痛みを起こしてしまいます(>_<)!

 

左脇腹の下の痛みの原因と考えられていることがもう一つあります。

それが、

「走るときの振動で、腸の中のガスが、大腸の曲がり角に溜まってしまい、これがわき腹の痛みを引き起こす」
というわけで、左わき下の痛みは、「脾臓への負担」「腸にガスが溜まる」からです(‘ω’)ノ

 

《対処法方》

走りながらで良いので、「左手を上げて」体の左側を伸ばしましょう!

左の脇腹には大腸の湾曲した部分がありそこには、ガスが溜まりやすく、痛みが発生しやすいので、

このガスを分散させることで痛みから解放されます(*^▽^*)!
また、脾臓の負担を抑えるにはペースを抑えることが一番の対処法となります(^_^)/

 

お腹が痛くなる場所は後2つあるのですが、予防法も含めると長くなってしまうので

次回のブログで書きたいと思います(*’ω’*)!

 

お楽しみに(^.^)/~~~

 

 

かけっこ指導に対する想いはこちらをご覧ください!

 

お問い合わせはコチラ!

 

こんにちは!

かけっこ塾の高橋です!

 

冬にしては珍しく、雨の日が続いていますね(-_-;)

今週も関東では雪の予報が出ていましたので、

レッスンに影響が無いように願っています…

 

 

さて、昨年末のことではありますが、姉の結婚式に出席していきました!

結婚式は、新郎新婦のスピーチや友人からのビデオメッセージなど、

感動的なものであふれていますね(*^^*)

 

そんな結婚式で、私も少々お手伝いをさせていただきました。

母と計画し、姉が持つブーケを手作りしました!

 

 

このバラの花は一つ一つが折り紙でできており、20数個ほど折ること約2週間…

そこから茎や葉をつけ、それらを束ねて装飾をして、何とか結婚式の10日ほど

前に完成することができました!作成途中、「このペースで間に合うかな…?」と

不安になることもありましたが、きれいに完成してよかったです!

 

ちなみにこのブーケは美女と野獣赤いバラがモチーフになっており、

姉はベルになりきって、披露宴で黄色いドレスにこのブーケを持って入場してきました(^^

色合いがとても似合っていました!

 

ご出席されていた方々もとても驚かれた様子でブーケを見てくれていたので、

頑張ったかいがありました!

 

 

 

今回はいつものかけっこのエピソードではありませんでしたが、

「普段かけっこのレッスンをしているコーチにはこんな一面もあるんだ!」

思ってくれたら嬉しいです!(笑)

 

 

そんなかけっこ塾コーチ達の紹介はコチラをご覧ください!

 

お問い合わせはコチラ!

こんにちは(^O^)

かけっこ塾.comヘッドコーチの元吉ですm(_ _)m!

 

今回は前々回に引き続きTEAMクラスで行っている「冬のトレーニング」第6回目です!

 

今回は「タバタ式トレーニング」

 

です(ノ・ω・)ノ!

 

「タバタ式トレーニング」はどんなトレーニングかというと・・・

 

20間の「強度の高い運動」と、10間の「休息」あるいは「負荷の軽い運動」1セットとして、それを8セット繰り返すというものです!

合計所要時間がたった350のインターバル・トレーニングです!

 

このトレーニングの効果は、立命館教授の田畑教授による研究の結果、このトレーニングで心肺能力飛躍的に向上することが証明されました(゚д゚)

しかも、有酸素運動エネルギー(長距離走など)と無酸素運動エネルギー(短・中距離走など)の両方に効果があることもわかっていますΣ(・ω・ノ)ノ!

 

ではどのように行ったら良いのでしょうか(。´・ω・)?

 

タバタ式トレーニングでは、運動の種類は特に指定されてません(; `д・´)

ポイントは、1セット目から8セット目までを通して20秒間をずっと最大心拍数に近いレベルで休みなく動き続けることです(;´・ω・)

 

これは非常にきついトレーニングです((+_+))12セット目までは余裕があっても、4セット目あたりからはかなりキツクなってきます(;´Д`)最後の8セット目が終わる頃には疲労困憊で歩くのもキツクなるぐらいです(_;)

そこまで追い込まないと効果が薄いトレーニングなのです(;^_^A

 

一般的に多く使われる種目としては「エアロバイク」「水泳」「バービー」「なわとび」などがあります(^_^)/

 

 

TEAMクラスでは20cmぐらいの段差踏み台昇降運動を行っています(^_^)/

ポイントとしては、足を上げてしっかり段に上がる事、上がって下りてで1回として、1セット目から8セット目まで回数を減らさないことを意識して行っています(‘ω’)

 

 

このトレーニングは短い時間で効果が大きいトレーニングですが、先ほどもお話しましたが最後まで全力で追い込まないといけないところがポイントですので、安全性と合わせて種目を選んで行ってみてください(^_^)/

 

 

かけっこ指導に対する想いはこちらをご覧ください!

 

お問い合わせはコチラ!

 

こんにちは!

かけっこ塾の高橋です。

 

先週の土曜日、関東では雪が降りました(゚д゚)

ここ最近は空気がかなり冷え込んでいるので、レッスンでも積極的に

子供たちと体を動かして、体を暖めています!

 

お父様やお母様も寒いなかレッスンをご覧いただいてありがとうございます!

この時期は寒くて大変だと思いますので、暖かい服装でご覧いただければと思います(>_<)

 

ちなみに、雪が降るときは地表の気温が3℃以下というのが目安になるそうです。

この日の気温は2℃でしたので、雪が降る条件を満たしていたのですね…

 

 

土曜日のレッスンは、明け方まで雨という天気予報だったので、

午前中のレッスンは出来るかな?」と期待しながらレッスン場所に向かいました。

 

しかし、レッスン場所に到着すると、思っていたよりも雨が降り続いていました

午前中のクラスのお客様へ、雨天による休講のご連絡をしていたところ、

雨から雪に天気が変わりました(>_<)

 

お昼を取りながら次のレッスン場所へ移動し、天気の回復を待っていたところ、

夕方のクラスに時間変更をして雪がやむのを待っていただいたお客様もいらっしゃったのですが、

結局この日は夜まで雨や雪が降っていたため、すべてのレッスンが休講になってしまいました

天気ばかりは私たちにはどうすることもできないですが、非常に残念です(;_:)

 

次回のレッスンで今回の分までたくさん走りましょう!(^^)/

 

 

 

話は少し変わりますが、雪が降るといつも、大学の陸上競技部の練習を思い出します。

私が大学の陸上競技部にいたころ、2月頃に大雪が降り、

大学のグラウンド一面に雪が積もったことがありました。

 

部員総出でスコップを持ってグラウンドに行き、

コースを走れるように雪かきをしたのですが、そのグラウンドの広いこと広いこと…

 

いくら雪かきをしても終わりが見えず、雪かきに飽きてきてしまう人も出てきて、

いつの間にか雪合戦をしていたなんて日もありました(;^ω^)

 

グラウンドで走れるようになるまで1週間ほどかかりましたが、

雪かきや雪合戦でも筋肉痛になっていて、楽しく体を動かして

いいリフレッシュになったのではと思います!

 

 

 

かけっこ塾レッスンのお問い合わせはコチラ!

こんにちは(^O^)

かけっこ塾.comヘッドコーチの元吉ですm(_ _)m!

 

今回は「アクティブレスト」についてお話します(^_^)/

 

さて、みなさんは疲れを感じたときや、運動をして筋肉痛のときはどのように対処しますか(・・?

動くのが辛いから家でゴロゴロして、カラダを休めていませんか?

 

しかし、それは疲労や筋肉痛を改善するために必ずしも効果的とはいえません(+_+)

 

実はカラダを動かさずじっとしているよりも、ストレッチやウォーキングなどの軽い運動などをすることで、

体のコンディションを向上させることができるのですΣ(・ω・ノ)ノ!

それが、今回ご紹介する疲労回復効果を高める「アクティブレスト(積極的休養)」です!

 

「アクティブレスト」とは日本語で「積極的休養」と呼ばれています(‘ω’)

 

その名の通り積極的に体を動かすことによって疲労回復効果を高める方法です(`・ω・´)

「疲れているのにカラダを動かすと、さらに疲れたり、筋肉痛がより酷くなるんじゃないか」

と思う人がいるかもしれません(*_*;

 

しかし、運動などで体を動かすと、血行がよくなり疲労物質の排出が促され

疲労回復の効果が高まるんです( ^ω^ )

 

プロアスリートも試合翌日を完全休養にしないで、軽い運動・軽く練習にし

その翌日に完全休養をすることも少なくないです(@_@)

 

だからといって、休みは全て「アクティブレスト」ではいけません(;^_^A

カラダを動かさずに休息することもしなければいけません(*_*;

 

これを「パッシブレスト(消極的休養)」と呼びます(^_^)/

睡眠をとったり、家でゆっくりするなどの疲労回復方法は、このパッシブレストになります(^_^)/

 

では、アクティブレストとはどんな事をすればいいのでしょうか(・・?

代表的なものをご紹介します(^_^)/

 

【ストレッチ】

疲れが溜まっていると、筋肉の張りが強く関節の可動域が狭くなったり

筋肉の張りによる違和感や疲労感、痛みなどが現れたりします(- -;)

 

そこで、ストレッチを行うことにより縮まった筋肉を伸ばして血行をよくし

関節の可動域の改善や筋肉の張りの改善をすることが出来ます。

 

止まって行うストレッチでも、カラダを大きく動かしながら筋肉を伸ばす

ダイナミックストレッチでも、どちらも効果があります(^-^)/

 

【ウォーキング、ジョギングなどの有酸素運動】

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動も疲労回復に効果的です!

有酸素運動をすることで、血行がよくなり疲労物質の排出が促されます(^_^)/

また、生理的なホルモンバランスを改善することによる疲労回復も大きいと、

多くの研究で発表されています(^O^)

 

【プール】

水圧や浮力を得られる水中での運動は、疲労回復に効果的です(^_-)

水圧は筋肉を圧迫しマッサージ効果を得ることができるほか、浮力は重力から

解放して緊張を緩和させ、カラダにかかる負担を減らすことができます(^-^)/

 

以上の運動が代表的なものです。「ストレッチとウォーキング」「ストレッチとプール」

といったように組み合わせるとより効果的です(^_-)

 

ただし、トレーニングしようとすると、本格的に取り組んでしまう人も多いと思います(;^_^A

しかし、ここではあくまでも休養のためですので、軽い負荷でトレーニングを行うようにしましょう(^_^)/

 

最後に、番外編ではないですが、運動ではないのですが「休養」という位置づけで

効果的なものを紹介します(^_-)-

 

【入浴】

入浴は、水圧・温熱・浮力の効果を活用することで疲労回復を促します(^_^)/

ぬるめの温度のお風呂にゆっくり浸かることで、心身ともにリラックスすることができます(*´▽`*)

運動後は、シャワーで済ませる人が多いかもしれませんが、疲労回復のためにもしっかり入浴することがお勧めです(^_-)

 

【アイシング】

運動によって起こる炎症を抑えるためには、アイシングが効果的です(^_^)/

運動後に痛む部位があれば、すぐにアイシングを行うようにしましょう(;^ω^)

アスリートの場合は疲労回復のためにアイスバス(氷水のお風呂)に入るなどして、

全身を一度にアイシングすることもあります((+_+))

 

 

アクティブレストは、運動後の疲労回復だけではなく、日常生活での疲れを感じた際も効果的な方法です(*^-^*)

 

たとえば、デスクワークの人は日頃からカラダを動かす機会が少ないため、

筋肉の緊張が強く関節の可動域が狭くなってしまいます(*_*;

 

そんな人は、ゆっくりカラダを休めても疲労感の回復にはつながりません(゚д゚)

カラダを動かす方が疲労回復効果が高いです(^_^)/

 

運動に抵抗がある人は、ショッピングなどでも構いません(^_^)/

外を歩く、散歩するくらいの運動でもアクティブレストの効果はあります(‘ω’)

 

プロアスリートのように土曜日はアクティブレストの日、日曜日は完全休養の日

のように分けて考えるといいかもしれません(^_-)-

 

勉強や運動の習い事が多くなってきている子どもたちも休養の日を設けて積極的に

アクティブレストを行ってみましょう(*^_^*)

 

 

 

かけっこ指導に対する想いはこちらをご覧ください!

 

お問い合わせはコチラ!